機能/特長

簡単操作で最大限の安全性と実用性を実現。
ヘルメットの左側にある3個のボタンだけで、BMW Motorradコミュニケーションシステムのすべての機能を使用できます。そのため、操作が非常に簡単で、ライダーの安全性も向上します。
最初にディーラーがシステムを取り付ける必要がありますが、インストール後はユーザーがお好きなデバイスを簡単にリンクすることができます。

無線通信を可能にするBluetooth®対応。

BMW Motorradコミュニケーションシステムに必要なすべての配線は、BMW System 5およびSystem 6ヘルメット(フルフェイスとジェットの両方を用意)に内蔵されています。データはBluetooth経由で無線送信されるため、動作の自由度と実用性を最大限に実現します。このシステムはBMW Motorrad Navigator lll、lll plus、lll plus 2008およびBMW Motorrad ZUMOにも対応しており、ほとんどのBluetoothデバイスを利用できます。

注:Bluetooth機能はBMWコミュニケーションシステム上だけで検証しています。他のシステムでの動作保証はいたしません。